>

服を破いたり破損させてしまった場合

気軽に色んなファッションを楽しめるようになったのは良いのですが、間違ってレンタルしている服や小物を不注意で汚したり破損させてしまう事もあると思います。
通常は、そんな事がないように最新の注意をして着るものです。
しかし、中には弁償金を支払わないといけないケースもあるのです。

ここでは、特に、服を破いてしまった場合について見て見たいと思います。
前の記事でも紹介したように、中古の服が届く事もあります。
前の人が着ていた最中に服が破れやすい状態や破損しやすい状態にあった場合でも、レンタルした本人の責任になります。

なので、着る前には必ずほつれや危ない所がないかをチェックしてから着る事が大切です。
少しでもおかしい所があったらすぐに連絡をして新しい服や小物に取り替えて貰いましょう。

酷いシミや汚れを服に付けてしまった場合

お洒落なレストランやお酒の席で不意にレンタルしている服に大きなシミや汚れを付けてしまう場合もあると思います。
そのような場合は、通常のクリーニングでは落とせない場合も多い為弁償金が発生する確率が高いです。
金額については、服がブランド品であった場合は数万円になる可能性もありますし、通常でも5000円以上の弁償金を支払う事になると思います。

支払う時には、専用の銀行の口座がメールや封書で送付されてくるのできちんと手順に沿って支払うようにしましょう。
汚してしまった服や小物についてですが、綺麗に梱包をしてファッションレンタルの運営側に返却をするようにして下さい。
またお洒落をしたいので、きちんと返却して弁償金を支払ったからと言ってすぐに違う服や小物をレンタル出来るわけではないそうです。


流行の小物がすぐ手に入ります

この記事をシェアする